ニュースとか

親などに借金を頼むのは難しい

あいかわらず、振り込め詐欺が多いようだ。
警視庁では、振り込め詐欺の新しい名称を募集しているらしい。
手口が「振り込め」だけじゃなくなってきているからとのこと。
高齢者に録音機を配布して防止に役立てるらしい。

たしかにこの犯罪は撲滅した方がいい。

しかし、なぜこのようなことが平気でできるのか?

私なども借金の返済や生活費も足りず、常にお金に困っている状態だ。
どうしようもない時に親や兄弟などに頼もうかと考えるが、なかなかできない。
詐欺でもなく、本当に困っていて、本当の親族であっても、電話一つするのも度胸が必要だ。

なんとか、そうしなくてもいい方法を考え続けて頭が痛くなる。
現在も大きな支払を前に考え続けている。

今日も決断して実家に向かったが、家の前をウロチョロして結局入れなかった。
たまに顔を出したと思ったら、「お金を貸して欲しい」ではたまらない。

近くに親戚の家もあるので、そちらに頼もうかとも思ったが、やはり無理。
結局、そのあたりを2時間ウロチョロして、あきらめた。
根性なしなのだ。

なのに、見ず知らずの家へ電話をして、人の心配する気持ちを利用するとは、ある意味関心してしまう。
そんなことがよくできるなと。

逆に赤の他人だから出来るのかもしれないな。

意外に、そういう人達でも自分の親にはいい顔してるのかも知れない。

急に甥っ子などが訪れてきて、お金を貸して欲しいと頼んだら、相手はどういう気持ちなのだろう?
甥っ子といっても、もういい大人である。

そういうことを考えると、やはり頼みになどいけない。

じゃあ、どうすんの?

そうなのだ、どうしようもないのだ。

なんかいい方法ないかなあ…犯罪以外で。

-ニュースとか
-,


コメントはこちらに

関連記事

no image

どんな仕事がいいのかな?

ニュースのひろい読みですが、SMAPの中居くんは数百万円の定期預金を22年間忘れていて、今はその銀行ももう無いのだそうで …

no image

生活保護不正受給過去最多

2011年の生活保護の不正受給が過去最多の173億円だったらしい。 件数も1万件増えて3万5千件にのぼるとか。 なめてん …

no image

中小企業金融円滑法

「中小企業金融円滑法」っていう、中小企業の借入金の「返済期限の延長」「金利の減免」を金融機関に受けさせる時限立法が、この …

no image

政府の賃上げ要請、私も上げてくれ

春闘で自動車、電機などの大手企業のボーナス満額回答など相次ぐ。 政府の要請もありで、賃上げの方向を示しているよう。 また …

no image

育児休暇を取ったら利益になる取り組み?

消費者・少子化担当相は「育児休暇を取ったら利益になる取り組みをする」と延べた。 消費者庁職員が育児休暇を取得した場合にプ …