ニュースとか

生活保護受給者の扶養義務

大阪市で生活保護受給者の扶養義務を負う親族の調査をした結果、公務員、会社経営者、医師など安定収入が見込める親族が811人もいたとのこと。

毎度毎度、生活保護の話題は疑問ばかりだ。

大阪市は生活保護受給者が全国で一番多い。

市の職員も164人いたらしい。

お笑い芸人の母親の件がきっかけとなり調査を始めたらしい。

しかし、ちょっと冷静に考えてみたい。

子供が稼いでいるのに親が生活保護というのは確かに問題がある。
やっぱり「面倒みてやれよ」というのが正直なところだろう。

しかし、少し余裕があるからといって、怠け者の兄弟の面倒までみれるか?
となると、たしかに難しい面もあるかと思う。

病気など、やむをえない事情ならともかく、ただ怠け者だった場合どうだろう?

それも有り余るほどのお金があれば別だが、それぞれやりくりをしながら生活をして、少しの余裕がある程度なのに、面倒みれますか?と聞かれても難しいのではないか?

だから、このニュースについては全てが悪というふうには見れない。

本人の不正受給は問題だが、やはり働ける人は自力でなんとかしていくしかないのではないか?

かくいう私も貧乏と借金苦から早く脱出しなければならない。
えらそうなことを言えた立場ではないのである。

-ニュースとか
-,


コメントはこちらに

関連記事

介護職処遇改善、月12,200円

介護職員処遇改善 政府の処遇改善策の対象となっている介護事業所の常勤職員の平均給与が、2017年9月時点で前年より月額1 …

no image

中年ニートが増えている

私は自営業者だ! でも仕事が無い。 ってニートと同じじゃないの? なんだか中年ニートが増えているらしい。 内閣府統計局労 …

no image

儲けられる人は、いつでも儲けられる

ロンドンの17歳が開発したニュースなどの長文を自動的に要約して読みやすくするソフト、この子が15歳で作った会社を米ヤフー …

no image

中小企業金融円滑法

「中小企業金融円滑法」っていう、中小企業の借入金の「返済期限の延長」「金利の減免」を金融機関に受けさせる時限立法が、この …

no image

借金が多いと正常な判断ができない

東京の診療放射線技師が医師と偽り結婚し、妻の親類の末期がんを診察し、栄養補助食品を薬として渡し、計270万円を騙し取った …