ニュースとか

借金が多いと正常な判断ができない

東京の診療放射線技師が医師と偽り結婚し、妻の親類の末期がんを診察し、栄養補助食品を薬として渡し、計270万円を騙し取ったというニュースを見た。

借金が2500万円あったらしい。

本人も「異常な行為と思ったが、それ以上にお金が欲しかった」と語っている。
この犯罪がばれて、本人は「これ以上、偽らなくてもいいと気が楽になった」と言っている。

借金に追われ始めると「正常な判断」が出来なくなるのは、よくわかる。

これなどは犯罪だが、犯罪スレスレの行為も出来てしまうのだと思う。

借金を返すために知人にお金を借りようとする時、嘘をついて借りるかもしれない。
「借金が返せないから、お金を貸して欲しい」などと言えるだろうか?
言えたとして、貸してくれるだろうか?

知人に迷惑は掛けたくない。
だから必ず返そうと思って借りる。
返す日までには何かお金が入ってくるかもしれない。

でも、現実には返すあてなどない。
そんなものがあるなら借りる必要などない。
ただの先延ばしと借りている相手が変わっただけ。

上記放射線技師は17年間も妻や親族を騙していたらしい。
「自分は見栄っ張りだったと思う」と言っている。

医師としての収入レベルの生活をしようとして借金をしたようだ。
無理がある。

でも、私の生活も無理がある。
私の場合、普通の生活も出来ないのだから。

-ニュースとか


コメントはこちらに

関連記事

no image

中小企業金融円滑法

「中小企業金融円滑法」っていう、中小企業の借入金の「返済期限の延長」「金利の減免」を金融機関に受けさせる時限立法が、この …

no image

生活保護不正受給過去最多

2011年の生活保護の不正受給が過去最多の173億円だったらしい。 件数も1万件増えて3万5千件にのぼるとか。 なめてん …

no image

お金があるのに、もっと欲しい人

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の三大銀行が春闘で賞与増額の見通し。 元々そこそこの高給かと思うが、まあどこかから上がら …

no image

生活保護受給者の扶養義務

大阪市で生活保護受給者の扶養義務を負う親族の調査をした結果、公務員、会社経営者、医師など安定収入が見込める親族が811人 …

野々村竜太郎、兵庫県議会議員

wikipediaの編集も過熱 wikipedia 2014年、前年度の政務調査費として約300万円を支出していたことが …