ニュースとか

桂春蝶「貧困は自分のせい」で炎上

桂春蝶「貧困は自分のせい」

日本ではどうしたって生きていける

2月20日ツイッターで、「世界中が憧れるこの日本で『貧困問題』などを曰う方々は余程強欲か、世の中にウケたいだけ。」

「この国では、どうしたって生きていける。働けないなら生活保護もある。我が貧困を政府のせいにしてる暇があるなら、どうかまともな一歩を踏み出して欲しい。この国での貧困は絶対的に『自分のせい』なのだ。」

「時代が悪いの、世の中がおかしいと言ったところで仕方ない。だからでこそ、どんな時でも、人間は誰でもやればできる」

「芸人風情でも何とかやっていける日本は素晴らしい。これ以上この国に何を望みますか?」

「僕は20歳から10年間、家賃2万円台のアパートで住んだ。それでも金がなくて、家賃を滞納したりした。当時は仕事が本当になかったから。ほとんど毎日がチキンラーメンかコーンフレークやった。それでも生きれた」

などと発言。

若手時代も「優雅な生活」疑惑

日刊スポーツ 2018/03/04
https://www.nikkansports.com/

春蝶が20代の頃に「趣味はスキー、映画鑑賞(年間100本は鑑賞)、つり、料理(特にイタリアンにはこだわり有り)」とホームページのプロフィルに書いていたのが、“発掘”された。

 貧乏暮らしをしていたのはうそだったのかという声に対して、春蝶は3日、「スキーイントラは冬場のバイトでずっと雪山こもってた。イタリアンはパスタでやりようによってはチキンラーメンより安いで。映画は業界やから格安チケット貰える。釣りは高校の時の趣味をそのまま載せてただけ、ほとんど行ってない」と説明。
「優雅な生活?アホやな。若手の落語家にそんなんありますかいな」と反論したが、ツイッター上では「無理がある」「本当の貧困とはまったく異なる」とさらなる批判が巻き起こっている。

-ニュースとか


コメントはこちらに

関連記事

no image

経済全体がよくなる事を願います

日銀白川総裁が最後の国会答弁で、「デフレ脱却には日銀による強力な金融緩和が必要だ」と言ったとか。 2%の物価上昇を目標に …

介護職処遇改善、月12,200円

介護職員処遇改善 政府の処遇改善策の対象となっている介護事業所の常勤職員の平均給与が、2017年9月時点で前年より月額1 …

no image

お金があるのに、もっと欲しい人

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の三大銀行が春闘で賞与増額の見通し。 元々そこそこの高給かと思うが、まあどこかから上がら …

no image

育児休暇を取ったら利益になる取り組み?

消費者・少子化担当相は「育児休暇を取ったら利益になる取り組みをする」と延べた。 消費者庁職員が育児休暇を取得した場合にプ …

no image

借金が多いと正常な判断ができない

東京の診療放射線技師が医師と偽り結婚し、妻の親類の末期がんを診察し、栄養補助食品を薬として渡し、計270万円を騙し取った …