ニュースとか

生活苦が減っている?

2012年のデータでは、経済・生活苦が理由で自殺した人が大幅に減ったらしい。

内閣府は「多重債務の無料相談が全国的に広がるなど取り組みの成果ああるのでは」とみているらしい。

ほんとかな?

私以外の人だけ、どんどん楽になってるのだろうか?

家族や友人に借りてでも、なんとか返し続けている人だけが苦しみ続けているのかもしれない。

一番多いのは「健康の悩み」らしい。

借金まみれではあるが、健康な私からは想像もできない苦悩があるのだろう。

まだ私は生きている。

でも毎日つらい。

お金の悩みさえ無くなれば幸せなんだろうと思える。

家庭不和、育児、介護、職場の人間関係などの理由もあるようだ。

頭では理解できる。

でも、私にとって「お金の悩み」に勝る辛さは未だ想像がつかない。

-ニュースとか
-,


コメントはこちらに

関連記事

no image

中小企業金融円滑法

「中小企業金融円滑法」っていう、中小企業の借入金の「返済期限の延長」「金利の減免」を金融機関に受けさせる時限立法が、この …

no image

経済全体がよくなる事を願います

日銀白川総裁が最後の国会答弁で、「デフレ脱却には日銀による強力な金融緩和が必要だ」と言ったとか。 2%の物価上昇を目標に …

no image

生活保護受給者の扶養義務

大阪市で生活保護受給者の扶養義務を負う親族の調査をした結果、公務員、会社経営者、医師など安定収入が見込める親族が811人 …

no image

育児休暇を取ったら利益になる取り組み?

消費者・少子化担当相は「育児休暇を取ったら利益になる取り組みをする」と延べた。 消費者庁職員が育児休暇を取得した場合にプ …

NHK、ネット視聴で受信料徴収

NHK、ネット視聴で受信料 3年以内に徴収意向 毎日新聞 2014/07/23 http://mainichi.jp/ …